無のタイポグラフィ

シンプルで、潔く、バランスのとれたクオリティの高い「無」のタイポグラフィ。下のレンガがないのが斬新です。