この「私のアフリカへの旅」という本のグラフィックが可愛かったのでご紹介します。タイトルのタイポグラフィもプリミティブアートのように愛嬌があっていいですね。蛇行する線が印象的ですが、これは旅の道を表わしているように思えますし、ライオンや象などの動物が描かれており、サバンナを表現しているように思えます。これらもアフリカの土着のアートのようなスタイルですね。

裏の方もアフリカのイメージの欧文タイポグラフィが、絶妙にキュートです。