インラインの上海タイポグラフィ

上海のギャラリー街にある雑貨屋で見つけたノートの表紙にあった上海のタイポグラフィ。

垂直水平が主な構造で、「海」は上の方は空間がありますが、下の部分はフランス疎開地にあるレンガ造りの建築のようにガッチリとしています。しかしインライン(中に線がある)の書体ですのでそこまで重くない印象を受けます。

それとは対照的に「上」は全体的に空間が多く、上部は比較的詰まっているのでバランスが取れているように思います。