こちらは「宝」の旧字である「寳」です。以前に魚バージョンを見つけて記事にしたので、こちらもどうぞチェックしてみてください。

ルームナンバープレートの寶マーク

さて、今回のタイポグラフィは「貝」の部分が銭になっていますね。古代の中国では「貝貨」といい、貴重な貝が貨幣の機能を果たしていたので、お金のアイコンで表現したのでしょうか。
造形としては左右にひゅるひゅると垂れた線が手で、銭の下に映えた2本が足に見えて可愛いですね。