定番ミネラルウォーター 農夫山泉

普段みなさんはどのブランドの水を何を飲まれてますか?いろはす?ヴォルビック?エビアン?南アルプス天然水?それとも水道水?
中国のスーパーやコンビニで1番よく見かけるのは、ダントツこの「農夫山泉」です。田舎に行けば行くほど店には、農夫山泉以外なかったりします。しかもその場合はだいたい常温か、それに限りなく近い冷たさ。

見ての通り、この農夫山泉のラベルはまっ赤!真っ赤は中国人彼らにとってラッキーカラーなので、やっぱり中国だなーと思いますよね。山水のイラストも中華の伝統的な感性を感じさせます。

日本のミネラルウォーターのパッケージってだいたい水色や淡い緑って相場が決まってますよね。ごくっと飲んでスッキリ!だったり、健康や美容に訴求して不純物がないイメージです。つまり清涼感や清潔感ある水をイメージさせるスタイリングが要ということです。
中国といえども、実際に外資系企業の商品のラベルやそれ以外の国内ブランドは水色や透明なんです。なのでコンビニで見かけるとある意味、目立ちます。しかし外国人としては、最初ちょっと買いにくいなと感じたのを覚えてます。