パクリ?独創性ある表紙のデザイン

何となく昭和モダンの感じのするレトロな表紙で、また独創性があってデザインだなと思ったのですがしかし、既視感があります。グラフィックデザイナーの方であれば、お分かりでしょうか?


レトロな印刷物 ご家族の博物紙

大阪のデザイナー高橋善丸さんがデザインされた上図の「レトロな印刷物 ご家族の博物館」に影響されているように思えます。構図に色彩、タイポグラフィのアイデア、ここまで類似していれば、影響されていると考えて間違いないと私は思います。

ご存知の通り、日本よりも中国の方が断然、パクリに対するコンプライアンスが低いです。こちらでの生活で気づいたことなのですが、中国人は盗むという感覚よりもむしろコピーする感覚に近いではないかと思います。

そもそも共産主義・社会主義の国なので、いいものはみんなでシェアしようという考えが根底にあるように感じます。その証拠に、宴会やそういった席で中国人は「酒とタバコはみんなのもの」と言います。このように「いいものはみんなで楽しもう!」と言った考えで、このパクリ現象が説明できるのではないかと思います。

ただ私も製作者側の人間ですので、考えが抜かれたアイデアが簡単にコピーされる社会は、いささか抵抗があります。