初音ミクが中国の広告に!?

ボーカロイド初音ミクが広告にドーンと掲載されています。これはネットニュースサービスの広告で、他にも中国のタレントを起用したバリエーションなどもありますが、初音ミクは中国の“オタク”に訴求したバリエーションでしょうか。

昨年末に公開された、映画「君の名は」も中国で大ヒットするなど、やはり日本アニメや二次元のクリエイションが及ぼす影響力は日本人が想像するよりも強大です。

「中二」もしくは「中二病」という言葉は既に中国でも馴染みの言葉のようです。中国人の若い友人にこの意味を聞くとちゃんと意味は理解しているので、広告にドーンと大きくコピーを入れれてたんですね。